食品リサイクル事業
水分の多い生ゴミを焼却するには、一般的な可燃ゴミの5倍以上の火力で焼却し、CO2を排出し焼却炉の劣化が進みます、環境への負荷を減らすためのリサイクル事業です。



醗酵肥料 峡南1号スペシャル(ペレットくん)の製造工程
食品残渣の収集 収集バケツ
身延山の宿坊、下部温泉宿泊施設、病院、飲食店など60ヶ所の食品残渣を収集させていただいています。 50Lの水抜き容器に入った食品残渣を1週間で100個(2,500kg)、業者持込み残渣(3,000kg)位処理します。
生ごみ異物チェック 脱水汚泥投入
  手作業が一番大切です。  脱水汚泥も活用しています。
水分調整材投入 竹綿の利用
生ごみの水分は85%以上です。きのこの廃菌床や栗殻を混ぜて60%ぐらいの水分比率にします。 醗酵促進剤として竹綿も利用しています。最後にEM活性液をまんべんなくかけます。
チョッパーでの混合作業
このチョッパーは竹や剪定枝を揉み擂る機械ですが、生ごみミンチには最高です。細かく砕いて微生物が食べやすくし、EMぼかしをたっぷりふりかけコンテナで、5日〜7日間熟成させます。
大型乾燥機 脱水汚泥と乾燥食品残渣混合
85℃の温度で12時間1回で600リットル位乾燥処理します。 EM処理した脱水汚泥と乾燥処理した食品残渣、きのこの廃菌床をEM活性液をかけながらじっくり撹拌混合します。
ペレット成型 ペレット連続乾燥
混合物をペレット成型機にかけます。 成型したペレットを150℃の温度で25分位乾燥します。
袋詰め 醗酵肥料 峡南1号スペシャル
真心をこめて密封すれば出来上がりです。 ペレットくんをよろしくね! 500円/1袋(10Kg)
峡南1号使用の望月身延町長の田んぼ
見事な有機栽培ですね!稲の分けつも良く、葉も緑鮮やか!!
峡南1号スペシャル使用の菜の花
背丈が物置を抜かすほどの大きさで、茎もこんなに太いです。