し尿処理工程図
クリックすると拡大します




し尿や浄化槽汚泥・下水汚泥の主な成分は、アンモニアなどの窒素化合物とBOD(有機物)。
本施設ではこれらを分解・除去するために、微生物と有機平膜(液中膜)を利用しています。
深層反応槽では、硝化菌と脱窒素菌が連携して、汚れの成分を効率よく分解。
生物処理された混合液を、膜処理槽の有機平膜が処理水と汚泥(主には繁殖した微生物)に分解します。




水深10mの深層反応槽
循環する液体の下降速度が気泡の上昇速度よりも速いとき、空気は2〜3mmの微細気泡となって水流に巻き込まれ、 水深が深くになるにつれて酸素が高効率で液中に溶け込みます。この優れた酸素吸収効率にサポートされて、硝化菌と脱窒素菌が活躍します。


膜面の孔は1mmの1万分の4
有機平膜(液中膜)の膜面にある小さな孔(1mmの1万分の4)を通過できるのは、水の分子と溶解性の塩類だけ。 汚泥などの成分は合理的に分解できます。また、膜面は散気装置から上昇気流によって洗浄され、高い処理能力をつねに維持できます。
なお、膜分離装置は、高度処理工程の凝集膜分離処理にも採用されています。