クリックすると拡大します


ごみは、ごみの計量機で重さを計られた後、いったんごみピットにためられます。 ためられたごみは、ごみクレーンによって、ごみ投入ホッパに供給され、 焼却炉内に送り込まれて、完全に焼却されます。 ストーカで焼却されたごみは、灰となって焼却灰搬出装置で落下し、灰バンカへ搬送されます。 集じん装置で集められたダストはダスト搬出装置によって灰バンカに貯留されます。これらの灰は灰搬出車にて運び出されます。
ごみ燃焼用の空気は、押込送風機でごみピットから吸い込まれ、空気予熱器で加熱された後、 各ストーカの下から炉内へ供給されます。このように、ごみピット内の空気を使用することによって、臭気が外に漏れるのを防止しています。 燃焼排ガスは、機器保護のためガス冷却室で水噴霧されて温度を下げられた後、 集じん装置で細かいばいじんを取り除かれて、きれいな排ガスとなって、誘引送風機で強制吸引されて煙突より排出されます。